実習です。肥料まくよー

さて、実習でございます。前回は管理機で苗を作る練習を行いました。
次は、土に肥料をやります。化学肥料です。学校では慣行農業を習うので、不本意ではありますが、まきます。これが今回まく肥料です。

今回は、元肥(最初にまく肥料)・追肥(後からまく肥料)をいっぺんにまくのでこれだけの量になってます。
巻くとこんな感じ。花咲か爺さんみたいに巻いてました。積雪が如く真っ白です。びっくりです。
ジャーン!!こいつです。耕運機を使って、土に肥料を馴染ませます。混ぜ合わせます。
左が耕した後、右がまだ。耕してかき混ぜるといい感じになります。これ乗りましたよ!車よりハンドルのキレが良くてまっすぐ進めるのも、コースどりも意外と難しかったですね。

これで土を見事に耕しました。これ前回もそうだったんですけど、機械ないと辛い・・・広い面積をやろうと思ったら尚更。農業を1人でやろうと思うと、機械ありきだなぁってやっぱり思いましたね。こういうのも余ってたりしないかなぁと切に願います。ぜーんぶ買うってなると、貯金がだいぶ必要ですからね。私がやろうとしているのは露地野菜。初期投資はまだ少ないよう。いちごを作る・施設野菜をしようと思うと、ビニールハウス立てたり色々初期費用がかかるんですよね。ゼロから新品を揃えようと思うと、余裕で1000万円は超えるっぽいです。死ねる・・・初期費用がまだかからないのが、露地野菜の特徴。ただ、天候に左右されるっていうデメリットももちろんある。
だから、実際私が農家でやっていく上では、自然と向き合っていかないとなんですよね。天候もそうだし、土とも向き合っていかないといけないし。それはそれで非常に楽しみでもあります。昔理科でやった内容・塾で教えた内容がこういうところで復習するとは思いませんでした。

前植えたナスです。少しずつ大きくなってます。嬉しいですねぇ。

そんな感じです。では、さようなら。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。